忍者ブログ
掛布さんが好き、片岡さんが好き、渡辺くんが好き。DNAがタテジマなsoraの野球話。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ようやくWBC決勝戦を見終わりました。
やべー、けっこう興奮したぞ(笑)。
ほんでもってスゲー感動したわ。
いいな、この一体感。そして集中力。


来季からおとうさん・・・じゃなくて城島さんが阪神でプレーするにあたって、配球の特徴ってどうだったっけ?という疑問が消えないので、ちょっとそこを意識して準決勝と決勝を見てみました。
・・・うーん、よくわかんなかった(笑)
イメージ的にはインコースをバンバン使う強気のリードって感じだったんですけど、そうでもない。
まぁ、そもそも配球の何たるやを私がわかってないので、正統派なのか裏読みタイプなのかなんて分かるわけなかったんだな、うん。
決勝に関してはクマくんが上手く低めに投げれていたので配球がどうなのか判断がつかず。
最後にダルくんがいったんは追いつかれたけど、それはダルくんが力みまくっていたので配球のせいとは判断しにくい。
ただ、そんな荒れ荒れダルくんを落ち着かせるために、たくさん声をかけていたのはキュン。
打たれた球に関してはスコアラーやコーチと事前に話し合っていた判断との兼ね合いも合ったみたいですから。
そっか、MBLって配球とかもベンチからの指示がけっこう強いんだっけ?それに慣れてたら脳が鈍ったりしないのかしら?大丈夫?(笑)

PR
すっかり余韻に浸って、気が抜けています(笑)
気がつけば虎たちはさんざんで、なんかあの世界を舞台にした熱い戦いとの落差がありすぎてちょっと・・・。
もともとは、タイガースにしか興味のない典型的な虎ファンでした。
去年あたりから、パリーグの選手の素晴らしさに気づき、野球そのものが楽しくなったので、阪神の消化試合よりもパリーグのクライマックスシリーズのほうが面白いです。
こ、今年の阪神を楽しめるか心配だ(笑)

球児くんが帰ってきました。
ブログ更新。
言葉の端々に、ずいぶんと冷静で客観的な感情が見え隠れしています。
やっぱり複雑な心境なんだろうな。
「WBC2連覇、本当におめでとうございます!!」っていう一文は、すごく寂しい。他人事のようで。
だって、おめでとうと言われるべきは球児くんのはずなのに。
プレイヤーとしては力になれなかったという思いが、野球ファンとしての言葉を発させるんだろうか。
さみしい・・・。

内川ブームが到来しました。
私のことではなく、世間に(笑)
テレビでブログやってるとか言っちゃったばっかりに、アクセス集中しとるやないかーい!
なんか面白い人です、内川。

あ、帰国時の杉内くんメガネ姿をとらえました!
私、グッジョブ(笑)3f32965f.jpg
ロッテの渡辺俊介が空前絶後の大ブームです。私のなかで(笑)

球場であと2回見たら好きになる、と言ってましたが、某所でサブマリン特番を見てあと1回になり、先日の強化試合で1回見たのでもう好きで決定です。(笑)
ちなみにあだ名はスンスケ。


スンスケは公式サイトがありますが、そこでファンからの質問に答えたりしてます。
少年から、アンダースローで投げたいと質問されたスンスケの、アンダースローの見解がこれ。

『アンダースローにすることにはいくつかのリスクがともないます。
 1.オーバースロー又は他のポジションに戻りにくくなる。
 2.球速が落ちる可能性が高い(例外もあるが)。
 3.正しい投げ方が出来ないと故障しやすい(特に膝、腰)。
アンダースローにする投手は、オーバースローで通用しないから、他のポジションでレギュラーになれないから、という場合がほとんどです。最後の手段として考えても良いでしょう。(以下略)』

なんか、覚悟座ってんだなこの人(笑)
妙に胸にしみたわ。

最近はWBCのことをちょいちょい書いてくれるので、チームの状況がわかります。
今日もアメリカに着いたって書いてました。

ちなみにタイトルは、スンスケのプロフィールに書いていた、『マリーンズに入ってよかったこと』。
強化試合はずっと鳴り物禁止だったんですけど、アジアラウンドはOKなようで。
しかも北京のときみたいなオリジナルではなく、普段チームで使ってるやつなのがすごく嬉しかった!
聴きなれた曲だとやっぱテンションあがるよ!
みんな主力選手だからしょっちゅう聞いてるし。
でも、メジャーリーガーたちはどうなってるのかと思ったら、国内でいちばん最後に使ってた応援歌になってたみたいでこれまたたまらん。

嬉しいのでがんばって代表選手全員分の歌詞を集めてみた(笑)
間違ってたらすまそ。

ジャパン背番号・フルネーム・私の呼び名・歌詞 となってます。


51 イチロー(いっちゃん)
走れ疾風のように 全速力で 砂塵 巻き上げて 走れイチロー
 ※オリックス時代のやつです。

06 中島裕之(ナカジ)
中島 研ぎ澄まされた そのセンスで決めろ グランドスラム

23 青木 宣親(ノリチカ)
[前奏]
攻めろ青木 広角打法のリードオフマン 疾れ宣親 チャンスの扉を開け
『打て!打て! あ・お・き! 打て!打て! あ・お・き!』

41 稲葉 篤紀(稲葉さん)
今見せろ お前の底力を 突き進め 勝利を掴み取れ
 ※チャンス時は稲葉ジャンプの前奏あり。

25 村田 修一(修一くん)
[ファンファーレ]男なら どこまでも とばせアーチ 決めろ 修一
鍛えたそのパワー かっ飛ばせ 勝利をさぁ目指せ ホームラン

09 小笠原 道大(おかあさん)
『おーがーさーわら!(ドン ドン ドン ドド)』
飛び立とう高く 絆 共にして 明日を照らす道 広げ 放て君よ今

01 福留 孝介(ドメさん)
彼方の空を見据え 挑め夢のステージ 飛び出せ 全て捧げて 扉の向こうへ
『かっ飛ばせー 孝介!』

02 城島 健司(おとうさん)
凄い若鷹だ どこまでも飛ばす レフト越えフェンス越え スタンドまで飛ばせ
 ※ソフバン時代のやつです。

08 岩村 明憲(岩村さん)
遥か彼方見据え 猛き道 行かん その手で我らを導けよ 天空の頂へ
 ※ヤクルト時代のです。


★本日はベンチスタートの皆さん
07 片岡 易之(かたおか)
片岡片岡 片岡片岡 今突き進め 燃えろ暴れ獅子

10 阿部 慎之助(あべしん)
『オーオオ オーオオ しん・の・すけ! オーオオ オーオオ しん・の・すけ!』
最高の笑顔 見せてくれ慎之助 明るく逞しく 導けよ永遠(とわ)に

24 内川 聖一(うちかわ)
波間に熱く光る ダイヤモンドの主役 勝利へ走れ 内川 Go Go

29 石原 慶幸(にくー!)
南の夜空に赤く 輝くいちばん星 広島に優勝(ゆめ)を運ぶ 石原慶幸

35 亀井 義行(かめーい)
『おーおー おお かーめいー(かめーいよしゆき!) おーおー おお かーめいー(かめーいよしゆき!)』
どこまでも駆け抜けろ 地平の彼方目指し か・め・い がむしゃらに追いかけろ

51 川﨑 宗則(ムネv)
踊るぜ川﨑は 魅せるぜ川﨑は 決めるぜ川﨑は 男だ川﨑は


 そして調べていくうちに気づいたのですが、ソフトバンクは投手にも応援歌がある。

14 馬原 孝浩(まぁくん)
馬原 馬原 きらめくセンス さぁミットを 目掛けて 見せてやれ
【登板時:頑張れ 頑張れ 馬原!】
【打者時:かっ飛ばせー 馬原!】

47 杉内 俊哉(杉内くん)
しなやかな フォームが魅力 繰り出すボール これまた魅力
【登板時:頑張れ 頑張れ 杉内!】
【打者時:かっ飛ばせー 杉内!】

 打者時まで想定されている・・・交流戦しか使わないだろ!(笑)
 ロッテは投手の名前コールだけあるので、
(ドンドン)俊介!(ドンドン)俊介!(ドンドン)俊介!(ドンドン)俊介! となる。
 そしてなんと西武も投手に応援歌がある。

16 涌井 秀章(わく)
君がいるから 共に闘えるよ 僕らは待ってる 喜びのヒーローさ

 そしてなぜか内海もある。

26 内海 哲也(うちゅみ)
恵まれた力 輝いた日から(ドドドン)内海! (ドドドン)哲也! さぁ走り出せ

 ・・・でも山口はない(笑)
 だけどいいなぁ、投手も個別にあるなんて!歌いたい。歌いたいよ!(笑)


今回、東京ドームでこの応援を仕切ってるのは読売の応援団みたいですね、ご苦労様です。そしてグッジョブ。
京セラでの強化試合観戦中、初めて生で見るキャッチャー城島さんのとてつもなく頼れるリードとキャッチングに非常に感服しまして。
キャッチャーは女房役とよく言われるけど、ピッチャーたちが若いぶん、大人の魅力でどっしりしていたわけです。

友人「若者が相手やからオカン的な感じ?」
 私「いや、オカンより、おとうさん」
友人「え?お母さんでもなく?」
 私「おかあさんはむしろガッツ」
友人「・・・なんか分かるわ」

そんなわけで、城島さんは「おとうさん」、小笠原は「おかあさん」と呼んでます。
あ、夫婦ではありません。(笑)
おかあさんはWBC限定にしたい・・・普段はガッツと呼んでます一応。


中国戦はとりあえず勝ってよかった。
次の韓国戦で爆発してくれたまえ!
私、土日に上京する予定があるのですが野球は見ないという、不可思議な事態になってます(笑)
サンスポより。

代表候補として合宿に参加していた和田毅投手、松中信彦内野手(以上ソフトバンク)岸孝之投手、細川亨捕手(以上西武)栗原健太内野手(広島)の5選手は最終メンバーから外れた。故障に悩まされるなど状態が万全でなく、いずれも本領を発揮できなかったのが理由とみられる。

■松中内野手
「与えられたところで結果を出すしかない。一生懸命やった結果なので仕方がない。
■細川捕手
「こういう(右肩が万全でない)状態だから、仕方ない。チームに戻って頑張る」
■栗原内野手
「いい緊張感で、本当にいいメンバーの中でやれた。代表には頑張ってほしい」
■岸投手
「いいところがまったく出せなかった。体の強さの大事さをあらためて感じた」

うぅ、悲しい。特にコング。
いやもう誰が落ちても悲しいくらいのステキメンバーが終結していたのであれなんですけど。
しかし亀井のこっちゃいましたねー。ボールボーイとして必要なんでしょうか(笑)
「いいアピールができたと思う」というコメントをしてたみたいですけど、亀井の動向がJ SportsのWBC番組見てても一切わからないので、何をアピったのかもわからんが、まぁとにかくがんばってくれ。

そういえば私、今日はじめて福留が代表入りしてたことに気がつきました・・・。ごめんドメさん・・・(笑)

WBCでの中島が背番号6なのが嬉しいです。
北京で宮本さんに影響受けたから、その背番号を引き継ぎたいって言ったんだってBTで読みました・・・ほろり。
ナカジいいこ。すき。
あの安田美沙子みたいなおっとり喋りもかわいいし(笑)
結局、何のためにWBCをやるのか、が選手に浸透してないってことだと思うんだよねー。
世界レベルで野球を盛り上げる、そのために世界最高レベルのプレーができる一流選手を集めよう。
そういうことじゃなかったっけWBCって。

それを、個人レベルの理由で出場辞退ってのはね・・・。
怪我とかの理由も、本当はよくないと思う。
だって、WBCには間に合わなくてもいいから、ペナントレースには間に合うようにゆっくりさせてくれってことでしょ?
そこを、必死でWBCに間に合うように調整するようになってこないと、世界レベルでなんて盛り上がらないよ。

あとさ、ファンの期待ってのも無視してると思うんだよね。
国際試合好きな野球ファンってのもたくさん存在してるわけで、「世界の舞台で大好きな選手のプレーが見たい!ドリームチームが見たい!みんな出てくれ!」って思ってる人たちのことを裏切ってると思うんだけど。

球団もさぁ、確かに個人の希望もあるとは思うけど、そこで球団が「野球界のために行って来い!」って後押しするのが、本来の球団の立場じゃない?
そういう流れになるように、球団とNPBの立場も変わっていかなきゃいけないと思うけど。
目先のペナントより、未来の野球人気を考えたほうがいいんじゃないかな。

ほんで、いずれは、野球をやるすべての選手が「WBCに出たい!」「代表に選ばれたい!」と思うような大会にしていかないと。
それが野球というスポーツのためだと思うなぁ。

だから、WBCや五輪も含めて、年棒査定してあげてください。
選手もプロとして、仕事として野球やってるんだもの、それが第一前提だよね。
名誉だけじゃ、綺麗事だけじゃ片付けられない。
野球界のために尽力した、という功績としてお給料に反映してあげてほしい。それがプロですもの。


というわけで、難しいことは言わないと決めていたんですが、うちの怪我人たちも含めて批判的なことを言ってみました。
だって、WBCで盛り上がりたいじゃないの!
日本中が注目してほしいじゃないの!
他球団ファンにもうちの子たちのすごさを知って欲しいじゃないの!
サッカーだってバレーボールだって、国内リーグ戦は大して興味なくても全日本代表の試合だけはみんな見ちゃったりするじゃない。
そこらへんだと思うけどなぁ。
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[03/31 sora]
[03/29 okaka]
[11/30 sora]
[11/29 KEN]
[03/13 sora]
プロフィール
HN:
sora
性別:
女性
自己紹介:
生まれたときから阪神ファン。幼児期から六甲おろしと選手別ヒッティングマーチを歌う。初めて好きになった選手は掛布さん。
大人になって甲子園デビューし、観戦の楽しさを知ってディープに転落。甲子園で見た片岡さんの3ランは忘れない。
ただいま渡辺亮投手を力いっぱい応援中。新井貴浩選手が面白くて仕方ない。
ブログ内検索
アクセス解析
"sora" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]